スポンサードリンク

2012年12月07日

Fedora 17 に VirtualBox をインストール

2012年12月時点で選択できる無償の仮想化ソフトウェアとしてVirtualBox 
を強く推奨する。

その理由としては管理機能が充実していること、最近のWindowsやLinux
のリリースに追随していること。

特に後者はWindows 8の新しい UI や Gnome 3Unity 等の最新のLinux
デスクトップ環境を使用できるというメリットがある。

実際にWindows 8が出たときや UbuntuFedora 等の最新のリリースが
あったときには、しばらくするとそれらに対応したVirtualBoxがリリース
されるのである。

このブログのようにあくまでデスクトップ環境を利用することを考えると
このメリットは大変重要なのだ。

私の場合は、Fedora 17をメインに使っているが、その上にインストールさ
れた VirtualBox の中で、Windows XPWindows 7Ubuntuの最新2世代
Fedora18βCentOS5.8centos6.3などがインストールしてあり、新しい
OS のリリースをテストしたり、特定のバージョンのCentOSによるミドル
ウェアの設定を確認したりするのに利用している。

VirtualBoxVMware の製品と比較すると対応する製品は VMware Player
ではなく VMware Workstationだ。

スナップショット機能などもVirtualBoxでは最初から備えているのである。

VMware Playerをインストールするのはやめて VirtualBox を利用するように
しましょう。続きを読む
posted by パソコンマニア at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮想化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

SunのVirtualBoxを使ってみよう

今回はSunのVirtualBoxという仮想化ソフトウェアを紹介する。

ううむ、2年間くらい更新していなかった。本業が忙しくなって趣味のブログは
いつの間にか放置してしまった。

最近(といってもかなり前だが)新しい仮想化ソフトウェア(VirtualBox)
が出てきて使ってみたところ、今まで紹介したVMware Player よりは
機能があり、VMware Server ほどは重くない。

それでWindowsの入ったPC上で仮想化ソフトウェアを解して
Linuxを使うのにちょうどよい感じだ。

まず今回はソフトウェアのダウンロードからインストール方法までを紹介する。続きを読む
posted by パソコンマニア at 19:35 | 仮想化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。