スポンサードリンク

2011年10月05日

CentOS の ISO イメージファイルを直接ダウンロードする方法

過去にも CentOSDVD ISO イメージのダウンロード方法について
の記事を書きましたが、その後ダウンロードサイトのレイアウト変更
があり、前の記事の説明が現状と合わなくなってしまいました。

そこで、再度 DVD ISO イメージをダウンロードする方法を記載します。
(2011年10月時点)

OS をインストールするための DVD を作成するためには、まず
ISO イメージを用意する必要があります。

CentOS の場合 ISO イメージはミラーサイトにより直接ダウンロード
できるところと、Torrent による P2P ダウンロードしかできない
ミラーサイトがあります。

当然のことながら直接ダウンロード P2P によるダウンロード
では直接ダウンロードのほうが圧倒的に早く確実にダウンロード
できます。

それでは、どうやって直接ダウンロードできるミラーサイトを見つけ
たらよいのかについて解説していきます。続きを読む
posted by パソコンマニア at 22:58 | CentOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

CentOS 5.0 を使ってみよう!(2)

CentOS 5.0 を使ってみよう!(2)

CentOS 5.0 を使ってみよう!(1)」に引き続き CentOS 5.0インストールの仕方を紹介していきます。ここまでの準備ができていない人は前回の記事

http://pc-os.seesaa.net/article/40670356.html

を見て前準備をしてください。

まずパソコンの BIOS を設定して CD/DVD ドライブがハードディスクよりも先に読み込まれるようにブートの設定をしておきます。

次に準備しておいたインストール用の CD または DVD をパソコンのドライブに入れてパソコンを起動します。

CO01

すると上のようなインストーラーの初期画面が現れます。 ここでリターン・キーをタイプすればインストールが開始されます。

CO02

するとまずメディアのチェック画面が現れます。作成したメディアに自信がなければ「OK」をクリックしてチェックしてください。もしメディアのチェックでひっかかったらうまくメディアができていないので準備に戻ってメディアの作成をやり直して再チャレンジしてください。

メディアのチェックが完了またはスキップすると次の画面が出てきます。

CO03

ここは「Next」をクリックして先へ進みます。すると次のインストール時に表示する言語の選択画面が現れます。

CO04

下へスクロールしていって日本語を選択して「Next」をクリックします。

CO05

これで表示が日本語に切り替わりキーボードの選択画面となります。

CO06

ここは日本語が選ばれているのでそのまま「次」をクリックします。するとディスクの設定画面が現れます。

CO07

今回は新しいディスクをパソコンに取り付けた状態を想定してインストールを進めますが、WindowsがインストールされているパソコンではWindowsを潰さないように注意が必要となります。

レイアウトはインストーラーに任せずに無駄のないように自分で作成することにします。ここが難しいと感じる方はインストーラーに任せてデフォルトの設定にしても構いません。

さて、それでは「選択したドライブ...」というボタンをクリックして「カスタムレイアウトを作成します」というのを選んで「次」をクリックします。

CO08

するとパーティションの設定画面が出てきます。

CO08

パーティション作成の基本方針は次のようにします。

(1)メモリーの1.5倍の領域をSWAPパーティションとして割り当てる。
(2)残り全部をルート(/)ファイルシステムとしファイルシステムの形式は ext3 とする。

それでは、まず「新規」というボタンを押します。するとパーティションを追加する画面が現れます。

CO11

上記方針に従ってディスクの総量量からSWAPに割り当てる容量を引いたものをルートファイルシステム(/)に割り当てます。残りすべてをSWAPパーティションに割り当てましょう。最初にルートファイルシステムを容量を指定して割り当てたら残りは最大許容容量まで割り当てるを選択してコンピューターに計算してもらいましょう。

ディスクにはシリンダーという単位の境目があり、その単位でパーティションが割り当てられるので、コンピュータが適当に切り上げ、切り下げをしてくれて大きさを微調整してくれます。

割り当てが完了すると次の画面が現れます。

CO12

ここは内容を確認するだけで「次」をクリックします。するとブートローダーの設定画面が現れます。

CO13

ここも内容を確認するだけで「次」をクリックします。すると今度はネットワークの設定画面が現れます。

CO14

今回の環境ではブロードバンドルーターがDHCPでIPアドレスを設定してくれるので、パソコンのホスト名だけを設定し「次」をクリックします。すると今度は時刻の設定画面が現れます。

CO15

これも内容を確認するだけで「次」をクリックします。すると次に root アカウントのパスワードの設定画面が現れます。

CO16

設定するパスワードを2回タイプして「次」をクリックします。ここで設定したパスワードは後でログインするときに必要になるので必ず記録しておくようにしてください。さて次はソフトウェアの選択画面になります。

CO17

今回のシステムでは後で Xen という仮想化ソフトウェアを試して見たいので次の三つのソフトウェアを選択することにします。

1. Desktop - Gnome
2. Desktop - KDE
3. 仮想化

上の三つのチェックボックスを選択して「次」をクリックします。これでしばらく待つとソフトウェアのインストール開始の画面が現れます。

CO24

次をクリックするとインストールが開始されます。後は画面を眺めていればソフトウェアがどんどんインストールされていき完了すると次の画面が現れます。

CO27

これでメディアからのソフトウェアのインストールは完了し、後はインストールされた CentOS で立ち上げて初期設定をするだけとなります。
メディアを抜いておかないともう一度インストールプログラムが起動されてしまうので、インストールメディアを抜いて再起動をクリックします。

コンピューターが再起動されしばらく待つと「ようこそ」という画面が現れます。

CO28

左側にこれから設定するものが表示されています。もう一息です。「進む」をクリックしてください。ファイアーウォールの設定画面が現れます。

CO29

ファイアーウォールは後で変更可能なのでそのまま「進む」をクリックします。次にSELinuxの設定の画面が現れます。

CO30

後で仮想化を試すのに不都合があるといけないのでSELinuxは無効にします。

CO31

そして「進む」をクリックするとSELinuxの再設定をするために再起動をするという内容のメッセージが現れます。

CO32

再起動が完了すると今度はKdumpというシステムがクラッシュしたときのメモリのダンプを取る設定画面が現れます。

CO40

パーソナルユーズではダンプも必要ないのでそのまま「進む」をクリックします。次は日付と時刻の設定です。

CO41

日付と時刻が狂っていたら修正してください。修正が終わったら「進む」をクリックします。すると一般ユーザのアカウントの作成画面が現れます。

Linux の世界では root というのが Windows の Administrator に相当する特権を持ったユーザーですが、ここで作成するのが一般のユーザーです。通常 Linux を使用するときは一般ユーザーで行い、システムの設定をするときだけ root ユーザーを使うようにしてください。
ユーザー名、フルネーム、パスワードを設定したら「進む」をクリックします。すると最後の追加のCDがあるかの確認があります。

CO33


追加の CD は特にないのでここも「進む」をクリックします。またシステムの再起動のメッセージが出てくるので「OK」をクリックして再起動を待ちます。
ここまででシステムの初期設定が完了しました。

CO34

再起動が終了するとようやくシステムのブート時の画面を経て

CO36

ログイン画面が現れます。

CO37

ここで先ほど作成したユーザとパスワードを入力するとログインが完了します。

CO38

お疲れ様でした、インストールが完了して CentOS が利用できるようになりました。

いろいろ試してみてくださいね。

最後に終了するときは上部パネルのシステムというところから「シャットダウン」というところを選択します。

CO44

次に現れる画面でも「シャットダウン」を選択して電源が切れるのを待ちます。

CO45

これで終了です。
タグ:CentOS
posted by パソコンマニア at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CentOS 5.0 を使ってみよう!(1)

CentOS 5.0 を使ってみよう!(1)

CentOS 5.0 がリリースされたと書いてから大分時間が経ってしまいましたが CentOS 5.0 のインストール方法を画像たっぷり使って紹介していきます。

準備段階
まず以前書いたように CentOSISO イメージファイルをインターネットで取ってきます。ISO イメージファイルには CD 用のものと DVD 用のものの2種類ありますが、DVD の読み書きができるパソコンにインストールするのであれば DVD 用のイメージを持ってくるほうが後の作業が楽になります。

それは、インストールに必要な枚数が CD では5枚のところが DVD では 1枚になるからです。CD を利用すると5枚の CD を作成する手間と、インストール時に CD の交換が必要になります。DVD を利用すれば作成する DVD は1枚、インストール時もこの1枚の DVD ですべてできてしまうわけです。

さて、ISO イメージファイルをダウンロードしたら、それを CD や DVD の書き込みソフトウェアを使ってインストール用の CD または DVD を作成します。

ここまでそろったらいよいよインストール作業に取り掛かれます。

参考

ISO イメージファイルのダウンロード
http://pc-os.seesaa.net/article/38943394.html

ISO イメージからインストール用の CD や DVD を作る方法
http://pc-os.seesaa.net/article/35953104.html
posted by パソコンマニア at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

CentOS 5.0 のダウンロード〜DVD ISO イメージを配布しているミラーサイト

j時間が経過してこの記事の内容が現状に合わなくなってしまいました。
そこで記事を書きなおしたので下記を参照してください。

CentOS の ISO イメージファイルを直接ダウンロードする方法
http://pc-os.seesaa.net/article/228920208.html

CentOS 5.0
がリリースされたということを昨日書きましたがどこからダウンロードするかいろいろ試して見ました。
CentOS は有償の Red Hat Enterprise Linux (RHEL) のソースから作ったただで使える RHEL互換Linuxです。
CentOSのインストールイメージは2種類あります。CD用DVD用のものです。CD用だと6枚ものCDを作らなければなりませんがDVD用なら1枚のDVDにすべて納まってしまいます。インストールするときもCDだとインストール作業で何回もCDを取り替えなければなりませんが、DVDなら立ち上げてから最後まで取り替える必要がありません。
今のパソコンならたいていDVDドライブが付いていますよね。だったらDVDを使わないという手はありません。ということでDVDを配布しているミラーサイトを捜す手順を説明することにします。

まず CentOS のホームページに行きます。
http://www.centos.org/

centos01

ここで Downloads と書いてあるところをクリックすると下記のようなメニューが現れます。

centos02

ここで Mirrors と書いてあるところをクリックします。

centos03

さらに CentOS-5 ISOs というところをクリックします。

centos04

このまま先へ進まずに、上のほうの Mirror List というところをクリックします。

centos05

このような画面が現れますね。右のほうの Direct DVD Downloads というところが Yes となっているところが DVD を配布しているサイトです。

それでは DVD を配布しているサイトのうちのどこから取るのが速いかというと、一般的には距離の近いところですが、時間帯でアクセスが集中したりするので、近ければ速いとも限りません。たとえば今が真夜中でパソコンなど触っている人が少ない時間帯の地域に行けば、速いかもしれませんね。日本の夜ならアメリカの西海岸あたりは狙い目かもしれません。

この後は韓国のミラーサイトを例に見ていきます。皆さんが実際にダウンロードするときは2,3箇所試して見て速いところを選んでください。

先の図を少し下のほうへスクロールしてください。

centos06

LTN(Linux.Tini4u.Net) というサイトの HTTP という部分をクリックします。

centos07

ここには過去のバージョンが並んでいますね。今回は CentOS 5.0 をダウンロードするので、5.0 というところをクリックします。

centos08

isos-dvd というのが DVD イメージのあるところです。ここをクリックするとやっとお目当ての DVD イメージが出てきます。

centos09

普通は i386 という方を利用しますが、最近の EM64T 対応やAMD64 対応の CPU を搭載したパソコンなら x64 の方も利用できます。

ただし、x64 を利用すると動作しないソフトウェアなどがあるので、初心者の方、パソコンは苦手という方は i386 という方を利用してくださいね。
posted by パソコンマニア at 23:04 | Comment(14) | TrackBack(0) | CentOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

CentOS 5.0 がついに登場

CentOS 5.0 が アメリカ時間の 4/12  22:36 にリリースされたとのアナウンスがありました。

[CentOS-announce] Release for CentOS-5 i386 and x86_64

Red HatRHEL 5 で取り入れられた仮想OS機能 Xen が入っているのが大変魅力的ですね。Red Hat では、今までと大幅にシステムの体系を変えていたのだが、CentOS ではどのようになっているのか興味津々です。

RHEL 5 で新規に取り入れられた機能としては

仮想化 Xen
クラスタ機能
クラスタファイルシステム
カーネルダンプ機能の向上
システムデバッグ機能
3Dデスクットップ環境

等盛りだくさんになっています。私たちにとっては、サーバ用途の機能はあまり必要ないのですが、デスクトップに関しての新機能や仮想化でいろいろな OS を動かせるようになるなど魅力的ですね。

この RHEL をそっくりクローンしたものが CentOS です。早いとこ試してレポートを書かなくちゃいけませんね。

来週あたりにはこのブログで紹介したいと思います。
posted by パソコンマニア at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。