スポンサードリンク

2007年12月08日

WindowsとLinuxのデュアルブート

WindowsとLinuxのデュアルブート

1台のパソコンの上でWindowsLinuxの両方を使う方法として
VMwareなどによる仮想化によりWindows上で仮想コンピュー
ターとしてLinuxを動かす方法と、Windowsとは別にLinuxをイ
ンストールしてどちらかでも起動できるようにするデュアルブート
にする方法の2種類がある。

仮想化によるメリット
一度にWindowsLinux両方のを利用することができるという
ことだが、パソコンのスペックがかなり高くないとWindows上で
動くLinuxは快適にならない。
また既にインストールしているWindowsに対しては変更を加えな
いので設定が容易だ。

仮想化によるディメリット
Windows経由でLinuxが動いているので、映像や音声等のスト
リーミングが滑らかに動作しなかったり、USB機器などのデバイ
スがうまく認識されなかったりする。

デュアルブートのメリット
デュアルブート
の場合パソコン上で直接動作しているわけだから
仮想化
のように動作が遅いとかデバイスが認識できないといった
ことがない。

デュアルブートのディメリット
デュアルブートのディメリットはLinuxWindowsが同時に使
えないことだ。

また、Windowsをインストールしてあるディスクに手を加える
ことになるので、それなりのやり方を知らないとWindows
壊してしまう可能性もある。

結論
しかしこれからLinuxを中心に使っていこうというならやはり
デュアルブートにすべきだ。

どうしてもWindowsが必要なときだけWindowsを立ち上
げるようにすれば良い。

そういうことでパソコンLinuxWindowsデュアルブート
にする方法を紹介することにする。
posted by パソコンマニア at 09:02 | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。