スポンサードリンク

2007年07月01日

VMware Player を使う準備

VMware Player を使う準備

前回、WindowsVMware Player をインストールする方法
について書いたが、今回はその続きの話をする。

今回の記事の最後で、VMware Player 用の OS 未インストール
仮想マシンを配布しているので最後まで読んで欲しい。


VMware PlayerVMware Server などの仮想化ソフトウェア
に較べると、サイズも小さく手軽に手軽にインストールできる
が、仮想マシンを作るための機能がない。

それでは、どうやって使うのかというと、仮想マシンの環境は
VMware とそのパートナーが提供している。

VMware  の Virtual Appliance Marketplace というサイトに
いくと、作成済みの仮想マシンがたくさんあるので使いたいも
のをダウンロードしてくればよいわけだ。

http://www.vmware.com/vmtn/appliances/

これは、商用製品などを仮想マシンで試してもらって、良かっ
たら製品を買ってもらおうという製品評価の側面が強い。
しかし VMware  の Virtual Appliance Marketplace  を探してみる

と、英語、ドイツ語、フランス語などに特化した仮想マシンはあ

るのだが、日本語に特化した仮想マシンはほとんどないのだ。



やはり仮想マシンは自分で作らなければならない。


VMware Player 用に仮想マシンを作成する方法はいくつかあるが、
簡単なのは、VMware Server という同じく VMware の提供してい
るサーバー用のソフトウェアを使うことだ。



VMware Server
は、以前は有償で提供していたものを無償化した

もので、機能は非常に豊富だが、サイズが大きいことで、これを

動かすためには、それなりに高性能でメモリーを一杯搭載したマ

シンが必要になる。

もうひとつ厄介なのは VMware PlayerVMware Server は同時に
インストールすることができないということだ。

パソコンを2台持っているなら片方に VMware Player、もう一方に
VMware Server という手もある。しかし、それなら VMware Server
だけで十分だ。

手軽な VMware Player を使うために、OS 未インストール状態の
仮想マシン環境を作成したので、次回はこれを使って Linux を
インストールすることにする。

この仮想マシン環境が欲しい人は、ここからダウンロードしてください。

http://pc-os.up.seesaa.net/vm/linux.zip
タグ:VMware Windows Linux
posted by パソコンマニア at 22:04 | VMware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。