スポンサードリンク

2007年03月01日

LiveCD/LiveDVD による Linux お手軽体験

LiveCD/LiveDVD による Linux お手軽体験ぴかぴか(新しい)
LiveCD というのは、CDドライブにオペレーティングシステム一式が納められていて、ハードディスクにインストールしなくても CD からブートすることで、そのオペレーティングシステムを利用できるようになっているもの指す。最近では CD の代わりに DVD を利用することで搭載するアプリケーションがハードディスクにインストールする場合と同程度なっているものも出てきた。これが LiveDVDだ。
前回紹介した Knoppix は LiveCD の先駆けとなったものだ。当初は CD 一枚に収まっていたが、CD 1枚では入れられるアプリケーションが限られてしまうこと、また最近のパソコンでは DVD ドライブが普及してきたことから、メディアとして DVD を使われる場合が多くなっている。
LiveCD/LiveDVDでは、普通特別な設定をしなければハードディスクへの書き込みはできないので、ハードディスク内にインストール済みの Windows に影響を与えること無く使用することができる。
LiveCD/LiveDVD は、コンピュータの電源を入れる前に CDドライブに LiveCD をセットしてからコンピュータを起動するか、CDドライブにセットしてからオペレーティングシステムを再起動することでLiveCDから起動したオペレーティングシステムを使用することが出来るようになる。
LiveCD を使用後は、CDを取り出してパソコンを再起動すれば、また Windows がもとのように起動して使える。
前回紹介した Knoppix では従来通りの LiveCD 版とアプリケーションを追加した LiveDVD版の両方が提供されている。最近では Knoppix 以外にも体験版として LiveCD/LiveDVD を出している Linux ディストリビューションが多くなってきたので、最終的にハードディスクにインストールする Linux 選びに LiveCD/LiveDVD を使って、自分の好みに合う Linux を見つけて見よう。
この後の記事で Linux ディストリビューション毎の LiveCD/LiveDVD を紹介するので、また読んでくださいね手(チョキ)
タグ:Linux
posted by パソコンマニア at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。