スポンサードリンク

2012年12月05日

今選ぶべき OS は何か?

2012年12月時点で考えてみて、今パソコンに入れる OS は何にしたら良いかを考えてみたい。

まず Microsoft の状況を考えてみよう。

このブログを始めた2008年当時、最新の OS は Windows Vista だった。

Microsoft としては非常に長い間使用されてきた Windows XP の後継として
期待していたのであろうけれど、非常にリソースを無駄遣いしてしまう OS
だった。

一般ユーザは新たにパソコンを購入すると Windows Vista がプリ インストール
されてえいるので、しかたなく利用を始めた人達もいたのだろうけど、一番
利用者の多い企業ユーザは Windows Vista を見送ったところが多かった。
Microsoft も Windows XP の需要が大きかったため、製品の寿命を延命させることに
なった。現在 Microsoft がアナウンスしている情報では2014 年 4 月 8 日 (米国時間) に 
Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows XP 64 ビット版 SP2 および 
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3) の製品サポートが終了する。

一方、短命だった Windows Vistaの後継として、Vistaのダメなところを改善して
Microsoft としては画期的だった OS への本格的なテコ入れをした Windows 7が
発表されている。

Windows 7 は Microsoft のコンシューマー向け OS としてはベストだったのではないかと
思う。

我が家にも Windows 7 の販売時期に購入したパソコンが2台あり、家族用の1台では
Windows 7が愛用されている。両方共 CPU が 64 ビット対応しているので Windows 7
の 64 ビット版がプリ インストールされていた。

私用の 1台は当然のことながら、Windows 用のパーティションを縮小し、開けた領域に
Linux をインストールして一応デュアルブートの設定にしてあるのだが、直接 Windows を
利用することはほとんどなく、Linux 上にインストールした仮想化ソフトウェア VirtualBOX
上に Windows をインストールして、Windows が必要なときには、こちらの Windows 7
使っている。

そして 10月には Windows 8 がリリースされたが、その使いにくさと言ったら Windows
Vista のときよりも酷いと思っている。たまたまパソコン購入時期が Microsoft のキャンペーン
期間になっていたので 1200円で Windows 8を購入できたので、デュアルブートの Windows 7
Windows 8 にアップデートして見たのだけど非常に後悔している。パソコンのハード・ディスク
に無駄な領域ができてしまったという感じである。

なぜ画面にタイル状に並べられたボタンを使わなければならないのだろうか。

普通のノートPCやデスクトップPCを意識した作りでなく、タブレットPCを意識した作りなのだろう。
しかし、タブレットPCに表示されている画面を 22 インチのモニターに拡大して表示したものを想像
して欲しい。

どう考えても、画面の無駄遣いとしか思えない。ずっと君臨してきたスタート・ボタンがなくなって
しまったのだ。

さて肝心のじゃあ、今 OS として選ぶべきは何かという話になるのだが、長くなってしまったので
回を改めて書くことにする。

次回をお楽しみに手(チョキ)
【OSSの最新記事】
posted by パソコンマニア at 20:06 | OSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。