スポンサードリンク

2009年07月28日

SunのVirtualBoxを使ってみよう

今回はSunのVirtualBoxという仮想化ソフトウェアを紹介する。

ううむ、2年間くらい更新していなかった。本業が忙しくなって趣味のブログは
いつの間にか放置してしまった。

最近(といってもかなり前だが)新しい仮想化ソフトウェア(VirtualBox)
が出てきて使ってみたところ、今まで紹介したVMware Player よりは
機能があり、VMware Server ほどは重くない。

それでWindowsの入ったPC上で仮想化ソフトウェアを解して
Linuxを使うのにちょうどよい感じだ。

まず今回はソフトウェアのダウンロードからインストール方法までを紹介する。それでは詳細を説明しよう。

まず、SunのVirtualBoxのサイトにアクセスする。

URLは
http://jp.sun.com/products/software/virtualbox/

VB05.JPG

次にダウンロードというタブをクリックする。

VB06.JPG

この画面でSun xVM VirtualBoxとあるところのダウンロードをクリックする。

VB07.JPG

すると上のような画面が現れるが、Windows用のものはもう少し後ろにある
ので、画面を下の方へスクロールする。

VB07.JPG

ここで出てきた Windows Platformsにある
VirtualBox-2.0.2-49928-Win.exeというのが
目的のソフトだ。
ただ結構バージョンアップを繰り返しているので
Virtualbox-xxxxxx-Win.exe の xxxxxxx
の部分は変わっているかもしれない。

VB09.JPG

すると上記のようなアンケート画面が出てくるが、
それはオプションなので無視して
「Continue to Download」というところを
クリックする。

すると下記のような画面が出てくる。

VB10.JPG

保存を選んで、次の画面で適当なフォルダ
(デスクトップでもよい)を指定するとダウンロード
が始まる。

VB11.JPG

ダウンロードが完了すると下記のような画面になるので
実行をクリックする。

VB12.JPG

すると下記のような警告が出てくるが無視して実行する
をクリックする。

するとインストーラーが起動される。

VB14.JPG

上記でNextをクリックする。
するとライセンスに同意するかという画面が出てくる。

VB15.JPG

ここは ”I accept ..." をクリックし
表示されるNextをクリックする。

するとカスタムセットアップの画面が
出てくるがこれはデフォルトのままで
Nextをクリック。

次に出てくる画面もそのままNextをクリック。

VB18.JPG

続けていくとネットワークインターフェイスの
警告画面が出てくるが、Yesをクリック。

すると下記のインストールの準備ができたという画面
が出てくるのでInstallをクリック。

続いて下記のようなマイクロソフトのおせっかいなメッセージ
が出てくるが無視して「続行を」クリックする。

VB23.JPG

VB25.JPG

VB26.JPG

やがてインストール完了の画面が出てくる。

VB19.JPG

そのままFinishをクリックすると
まずVirtualBoxの登録画面が出てくるから
きちんと登録する。

VB28.JPG

するとやっとVirtuakBoxの画面が現れる。

VB29.JPG

以上でVirtualBoxのインストールは完了だ。
【仮想化の最新記事】
posted by パソコンマニア at 19:35 | 仮想化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。